×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛エステで一般的に利用されている脱

ミュゼ宇都宮表参道スクエア《ネット予約限定》お得なキャンペーン!
■HOME >> 脱毛エステで一般的に利用されている脱

脱毛エステで一般的に利用されている脱

脱毛エステで一般的に利用されている脱毛法は、光脱毛という類のものです。

1998年あたりから、光脱毛は、日本でも一般的に使われるようになってきました。レーザー脱毛と比べてみると、少し弱い光を照射しているため、、より痛みが小さく、お肌にあまり負担がかかりません。


ミュゼ宇都宮表参道スクエアで行なっているSSC方式の脱毛も光脱毛の一種ですが、痛みが不得意な方には是非、オススメです。赤ちゃんがお腹の中に可能なと、残念ながらその期間、脱毛をすることが出来ません。もし脱毛をすると、そこで受ける痛みや刺激などで、母体に悪影響を及ぼすリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)があるためです。
またコドモを産んた後も、赤ちゃんから離れることはできないので、脱毛が出来ない時間はさらに続きます。



そのため、独身女子の方は、そういった事態も想定して、プランはちゃんとたてて脱毛をしましょう。


両ワキの脱毛は、とり所以女性達に人気のところがあります。水着やノースリーブの服を来た際、脇にむだ毛があったら、おもったより、嫌ですよね。

ワキの脱毛をしてしまえば、そういった不安が消えて、夏に脇が露出する服を何も心配しないで買えますよね。実際、自分で処理するのは大変ですから、脱毛エステに通うべきですよね。

施術を受けた後は、お肌ケアをしっかりおこなう必要があります。脱毛自体が、しっかり出来ても、肌のトラブルを抱えてしまっては大変です。もし施術を受けた後、肌が赤くなったりした時は、保冷剤またはタオルを使って、クールダウンをするようにしましょう。ミュゼ宇都宮表参道スクエアや脱毛ラボなどで採用されている方法は、SSC脱毛と言います。



イタリアのメーカーが、日本市場むけに開発した方法で、ほとんど痛みを感じず、肌にも優しいという利点もあり、安くてスピーディーな方法でもあるので、エステ感覚で脱毛を行いたい女子には、向いていると思います。

脱毛と聞いて、ツルツルにするというイメージを持っている方も多いと思いますが、薄くするだけもいいのです。具体例を挙げると、VIO脱毛は、むだ毛を全て処理すると、恥ずかしく感じる人もいるので、薄くするだけOKという方もおもったよりいます。

薄くしておくと、後で自己処理をする時も楽になるというメリットもあります。
ムダ毛をしっかりなくしたい。

ただ、痛いと耐えられるか心配という方は、医療レーザー脱毛は辞めておいた方が、無難でしょう。レーザーは、強力な光で脱毛をしていくので、脱毛効果はある一方その分、痛みも強くなります。


痛みに我慢できず、脱毛をあきらめてしまう方もいます。
ほとんど痛みを感じないところ脱毛をしたいのなら、ミュゼプラチナムみたいなあまり痛みを感じない脱毛サロンを選んだらいいんじゃないでしょうか。施術後は、激しい運動は極力避けるようにしましょう。

なぜそうなのかというと、脱毛を受ける際は、光を照射することによって、毛の穴が開き、運動時の発汗によって、細菌の侵入を許しやすくなるためです。

加えて、熱くなったお肌が、より一層熱くなり、赤くなったり痛くなったりするので、気を付けてちょうだい。

脱毛エステに行くよりは、家庭用脱毛器でむだ毛処理をする方が良いと思う方もいますよね。

確かに楽かも知れません。



でも、家庭用脱毛器だと、手や目の届かないところのむだ毛を脱毛するのは簡単ではありません。そのような点を考慮すると、やはりサロンで脱毛をする方が、良いのではないでしょうか。
VIO脱毛を受けた場合、陰部の毛がなくなる分、尿が思わぬ向きに飛んでしまう場合があります。また、日本では、ハイジニーナ脱毛がまだ完全に浸透しきっていないところがあり、毛を全て処理してしまうと、温泉などで人目が気になるケースもあるようです。


ミュゼプラチナム宇都宮表参道スクエアでは、無料カウンセリングを実施しているため、さまざま相談してみると良いと思います。

関連記事

メニュー